ボイストレーニング後に行いたいケア

  • 高音が出せるボイストレーニングをする方法と自宅練習

    • 接客業のアルバイトなどを経験したことのある人なら、お客さんと接する時に通常の声よりも声で話すように指導されたことのある経験があるのではないでしょうか。



      そのお店の方針によっても指導の仕方などは異なりますが、ドレミファソラシドのラの音で話すようにというものや、普段の声よりも3音高く話すように意識してみた方がいいなどのアドバイスなどを受ける場合があります。



      このようにわざとらしくはない範囲でキーを高めに話すようにするのは、暗い声やトーンで話すよりも、やや高音の方が明るくとっつきやすい印象を与えるからです。



      自分の第一印象をチェンジしたい人や、新しい自分になりたい人、暗い自分を変えたい人はボイストレーニングをすると根本的な声の出し方を治すことが出来ます。



      専門のスクールに行く時間がないという人でも、今ではプロボイストレーナーが監修したテキストが市販されているので、これを読みながら自宅学習する形でトレーニングも可能です。
      テキストには現役の声優を起用して作成されたレッスン用のCDも付録で着いているのでこれを手本にして練習すればいいわけです。



      発声法を変えて見たい人や、声優の発声法に興味がある人だけではなく、高音の声が出せるようになりたい人向けの本もあるので、ボイストレーニングのスクールに通う時間も費用もすぐには出せない人はまずはテキストを見ながら空いた時間にトレーニングをしてみてもいいかもしれません。


      色々な目的の人の為にこのようなボイストレーニングのシリーズのテキストの充実も期待されます。



  • 関連リンク

    • 子供の頃、日本人全員から一円ずつもらえば、一億円手に入るということを考えた人は少なくないでしょう。最近話題になっているクラウドファンディングの考え方も似たようなものです。...

    • ボイストレーニングも、生徒の年齢や目的に合わせて特定のメニューや目的に特化したところが登場しています。演技やボーカルレッスンを目的としていない、アンチエイジングやビジネス研修目的などの場合は話し方を専門にトレーニングしてくれるところの方が効率よく学ぶことが出来ますし、自分の生活や仕事にも学校で学んだことをすぐにはんえいできるでしょう。...